インプラントその1〜金のかかるオンナ&懐かしの薔薇

ネロリ

こんばんは、Uターン主婦のネロリです。
本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

今日もすっきりしないお天気の東京でしたが、
予報によれば、明日は晴れるようです。
近くの公園でもいいから、お散歩したいなあ。

そっけないトイレが懐かしい

GW真っ只中ではありますが、今日は歯科に行ってきました。
朝8時台の山手線に乗り、浜松町まで。

わたしは私鉄沿線の住宅地に住んでいるので、高層ビルが林立するビジネス街はめったに行きません。
駅からの人並みが、黒やグレーばかりで不思議な感じでした。

そして、デパートやファッションビルのトイレと全然違う、オフィスビルのトイレ。
ピカピカに磨かれてはいるけれど、何の飾りもないそっけなさ。

ああ、わたしもこういうところで働いてたんだなあと、
20代の頃を懐かしく思い出しました。
(あの頃は、ウォシュレットのトイレではなかったかも?笑)


金のかかるオンナ

さて、今回の治療の話です。

先月から、前歯の横の歯(側切歯というらしい)の差し歯が少しぐらついていて、
前回の診察で、レントゲンと型取りをしたのでした。

今日は今後の治療についての話を先生に伺ったのですが、
治療の方法は、2種類。
○新しい差し歯を作る。
○抜歯してインプラントにする。

ただ、差し歯の場合、歯茎が炎症を起こしていて、
しかも歯の形状から差し歯の軸?が浅くしか作れないため、
2〜3年しか持たないかもしれないということでした。

いずれはインプラントにしなければならないと覚悟していたので、
先生にどちらがおすすめですかと聞いたら、
年を取って、今後、糖尿病や高血圧症などになると、インプラント治療は難しくなるので、
もし、そのつもりがあるのなら、早い方がいいと言われました。

先生は、高額な治療になりますので、ご主人とも相談してとおっしゃいましたが、
わたしは、心の中でインプラントにしようと決めました。

もうすでに、2本のインプラントが入っていますし、
治療の流れも、だいたいわかっています。

ただ、今までは奥歯だったので、仮歯の必要がなかったのですが、
今回は、前歯の横という目立つ場所なので、半年は仮歯生活になります(汗)。

パニック障害から来る閉所恐怖で歯科にいけず、長年虫歯を放置してしまったツケは、
本当に高くつきました。

ジミ夫は、病気の治療費に関しては、嫌な顔せず、
いつも自分が最良と思う治療を受けるよう言ってくれます。

今までも、パニック障害から始まったメンタル疾患の数々の治療費や薬代、
ごく初期でしたが卵巣がんの摘出手術、胆嚢結石による胆のうの摘出手術、
睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療、そしてインプラントなど、ずいぶんお金を使わせてきました。

特にメンタル疾患は、薬代がかなりかかりました。
CPAP治療は保険はききますが、それでも診療ごとに1万円以上かかります。
もちろんインプラントは保険がききません。
本当にお金のかかる女です。

反対に、ジミ夫は70歳の現在、持病はありません。
毎年人間ドッグを受診していますが、いつも健康体を褒められています。

50代で一度、ウィルス性髄膜脳炎になり、死にかけたくらいです。
あの時は、2ヶ月半くらい入院したと思います。
大学病院だったので、差額ベッド代は高かったですが、
わたしに今までかかった治療費や薬代に比べたら、安いと思います。

ジミ夫は倹約家なので、普段はお金の使い方に厳しいけれど、
こういう時に大盤振る舞い?してくれるのは、本当に感謝しかないです。

ジミ夫の父親、つまり義父がそういう人だったので、似たのかなと思います。
わたしは、無口で気難しい義父のことがずっと苦手でしたが、そういう部分は尊敬します。
家族を守るという意識がとても強い、昔ながらの頑固親父でした(笑)。

ジミ夫は、どうしてあの義父からこういう息子が?と思うほど、
優しくて穏やかですが、やはり似ている部分があるのですね。

今回も「歯を大切にしないと内臓にも影響するというからね」と言ってくれました。

まだまだあれこれ治療中で、ポンコツなわたしですが、
ジミ夫に感謝しなくては、改めて思いました。
(というなら、ジミ夫呼びはやめろという声が・・)

そして、「歯は命」、大切にしなければいけないと身に染みて感じます。


懐かしの薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサール

neroli_340.jpg

2018_05_69.jpg

再掲ですが、茨城の旧自宅の薔薇。
今日、買い物帰りに同じ薔薇を見かけて、あまりに懐かしくて。

これは、家の外から撮った写真です。
日当たりが良かったせいか、数えきれないほどたくさんの花を咲かせてくれました。

2019_07_22.jpg

neroli_255.jpg

こちらは、家の内側からの写真。
たった一株で、本当にたくさんの花を咲かせてくれる薔薇でした。

薔薇の時期は、花ガラ切りなどをしていると、見知らぬ方からも声をかけられました。
「薔薇の家」として、ご近所でも有名だったようです。
薔薇好きの方から、庭を見せてほしいと頼まれ、見せて差し上げたこともあります。

「いつも楽しませてもらってるから」と知らない方から、畑の野菜をいただいたことも(笑)。
美しい花はみんなを幸せにするんだなと感じました。


おわりに

今日は、電車に乗って歯科に行き、帰りにデパ地下で買い物をしただけなのに、
1万歩を超えました。

東京は本当に歩く街ですね。
特に駅は階段も多くて、いい運動になるんじゃないかと思いました(笑)。
でも、やはり青空の下、緑を眺めながら歩く方が楽しいです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。
トイレと歯医者さんという色気のない話題?だったので、薔薇画像多めにしました(笑)。
今日から仮歯なので、気をつけなければ。

いつも、コメント、応援ポチ、ありがとうございます。
更新の励みになっています。
ではまた。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
ムンク
歯医者

私は一応放っておいたつもりはないのですが、昔から歯が悪く今や母より少ないかも 汗
差し歯がほとんどで、お金も掛かりましたが、歯医者に行く度にインプラントを勧められ、でも怖くて決心がつかず。。母もインプラントは途中で挫折してまして。。
うちの主人も健康にはお金掛けることは気にしないし却って勧めてくれるんですけど、私はだったらほかに使いたいと思ってしまうほうで・・
このままだと突然あちこち悪くなって、後から凄い後悔。。となりそうですけど。
痛みに異常に弱いので、毎回歯医者も麻酔ですし。。これまた不安材料(笑)
とりあえずだましだまし生きながらえたいです!

薔薇の家・・なんて素敵な響き♪

  • 2022/05/03 (Tue) 08:27
  • REPLY
そら

こんにちは😃
今日も ネロリさんのきれいな薔薇の写真 楽しんでいます。前のお住まいでは 「いつも楽しませてもらってます」😊 畑の作物のお裾分け 読んでいてこちらも 心温まる情景浮かびました。💖

うちのマンションの通路にも 少しだけ薔薇があり 蕾がたくさんついています。これから薔薇の季節ですね。😄🌹

ネロリ
ネロリ
ムンクさま

ムンクさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

インプラントは、時間もかかるし大掛かりな治療なので、
迷う気持ち、よくわかります。
わたしの場合は、前回は奥歯で、インプラントかブリッジという選択だったので、
インプラントを選びました。

わたしも痛みに弱いです!
しかも、閉所恐怖症なので、椅子に座りっぱなしは、かなり辛いです。
毎回頓服を飲んで、通っています(汗)。
それでも、回数通って、だいぶ慣れました。
行動療法みたいな感じですね(笑)。

インプラントは、今のところ快適です。
違和感なさすぎて、どれがインプラントか自分でわからなくなるくらい(笑)。

ただ、今度は前歯なので、仮歯期間が長くて心配。
ハンバーガーも焼き鳥も、バゲットに齧り付くのも、当分お預けです。

ネロリ
ネロリ
そらさま

そらさま、こんばんは。
いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

薔薇画像、楽しんでいただけてうれしいです。

前の住まいは、近くに畑もあったので、
今の時期はとれたてのスナップエンドウなどをいただきました。
そうそう、筍をくださる方も。
掘り立ての筍の美味しさを初めて知りました。

ほんの1年までですが、懐かしい思い出です。
付き合い下手で引きこもり気味のわたしでしたが、
薔薇のおかげで、ご近所から孤立せずにすみました。