ブログ2ヶ月〜わたしのプロフィール

ネロリ

こんにちは、Uターン主婦のネロリです。
いつもご訪問いただきまして、ありがとうございます。

ブログを始めて、今日で2ヶ月。
継続が苦手で飽きっぽいわたしが、何とか更新できているのも、
訪問してくださる皆様、応援ポチをくださる皆様のおかげです。

思いがけず大勢の方の目に触れて、自分でも驚いているのですが、
これからも、「今日だけは頑張って更新する」を続けていけたら、
細々とでも続いていくかなと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

というわけで、
今回は、改めてわたしネロリのプロフィールを書いてみたいと思います。

プロフィール

【名前】ネロリ
【HNの由来】好きな精油から。
【年齢】1959年生まれ
【血液型】O型
【出身地】実家は東京、出生地は横須賀。
【現在地】東京都。実家を建て替え、夫と二人暮らし。

【家族】8歳年上のジミ夫、一人暮らし中の愚息、認知症の実母。

【仕事】現在は専業主婦。出産前までは事務系OL。その後パート経験あり。

【子供の頃住んだ場所】東京都・神奈川県・岩手県・千葉県・北海道
【結婚後住んだ場所】東京都(9年)→茨城県(30年)→東京都(今ココ)

【趣味】絵を描くこと、宝塚観劇、読書(マンガ)、薔薇育て、アロマテラピーなど

【好きな家事】家事全般苦手だが、洗濯と片付けはまあまあ好きかも。
【苦手な家事】お掃除

【好きな作家】恩田陸、三浦しをん、有川浩、森博嗣、宮部みゆき、アガサ・クリスティ。
【好きなタカラジェンヌ】朝美絢(雪組)、月城かなと(月組)、水美舞斗(花組)

【苦手なもの】閉所恐怖症なので、狭いところ、暗いところ、逃げ出せない状況が苦手。

【病歴】40代で卵巣がん、50代で胆嚢結石(入院&手術)。
40代でパニック障害→うつ病→双極性障害。寛解後、現在うつ病再発で通院中。
50代から睡眠時無呼吸症候群(CPAP治療中)

【性格】こだわりが強いわりに、飽きっぽい。ガサツで面倒くさがりな反面、神経質。
リアルでは、けっこう人見知りで、友だちが少ない。引きこもり系。妄想系。(変な人)

【今後の展望】普通に穏やかに、夫婦仲良く暮らしたい。元気になって、好きなことを見つけたい。


主な登場人物

【夫】地味な夫、通称ジミ夫。昭和26年、新潟生まれの東京育ち。天秤座のA型。
現役時代は、工学系のエンジニア。のちにSE。特技は気配を消すこと(笑)。     

【息子】アラサー。茨城で一人暮らし中の会社員。彼女なし。趣味は料理と釣り。不登校の過去あり。

【父】2007年に、76歳で病没。
【母】アルツハイマー型認知症で要介護3。昭和10年生まれ。現在、介護付き有料老人ホームに入所中。

【妹1】子なし専業主婦。横浜在住。メンタル疾患持ち。母のことが嫌い。
【妹2】フルタイム兼業主婦。福岡在住。社会人と大学生の息子あり。頼れる妹。

【義妹】わたしより6歳年上のジミ夫の妹。茨城在住。頼れる姉的存在。



ざっと書くとこんな感じです。

趣味は、あれこれ書いていますが、うつ病のため、今はあまりできていません。

宝塚は、ようやく観に行けるようになりました。
基本引きこもり気味のわたしが、唯一出かけられるのが宝塚観劇。
以前は、毎公演複数回観劇し、時には本拠地宝塚まで遠征したりしていたんですけどね。
またあんな風に、元気に飛び回れる日が来るといいなあ。

絵は、もう全然描けていません。20年くらい色鉛筆画をずっと書いていたのですが。
画材も引っ越してきてから、全然出していません。

薔薇も、今は庭なしの家なので、ありません(涙)。
鉢植えでもいいから、いつかまた育てたいと思います。

今は、夫との散歩、図書館で本を借りて読んだり、友だちと会ったり、そんな毎日です。

あの頃のわたしと・・

2ヶ月前にこのブログを始めた時は、かなり追い詰められていて、
何もやる気力がなく、母に対する自責の念でいっぱいで、
自分の気持ちをどこに持っていけばいいか、わからない状況でした。

ブログで自分の心のうちを文章にして吐き出したことで、
少しずつですが感情も落ち着き、
今は元の自分を取り戻しつつあるように感じています。

はじめの頃は、周りを見る余裕などまったくなかったのですが、
最近は、同世代の方やシンプルライフを目指す方のブログを拝見するのが
楽しみのひとつになってきました。

少し前のわたしには、あり得なかったことです。

同世代の方は、わたしと同じように介護の悩みを抱えている方も多くいらして、
とても共感しながら、読ませていただいています。

コメントをいただくことにより、また新たな世界も広がりましたし、
本当に励みになっています。

もし、ブログ村にも登録せず、誰の目にも触れずにひっそりと書いていたら、
1ヶ月も続かなかったのではないかと思います。

たった2ヶ月続いただけで、まるで10年続いたような書きっぷりですが、
なるべく、いや、なんとか、3ヶ月くらいは続けられるように、
ほどほどに頑張ってみようかなと思います。

わたしの夢は、70代になった時にこのブログを読み返して、
「あの頃は若かったわね」と懐かしむことです(笑)。

ブログを始めてよかったこと

もうひとつ、ブログを始めてよかったことは、久々にパソコンを触るようになったこと。
しかも、わたしのデスクトップPCの調子が悪くて、
息子のお下がりのMacBook Proを使うことになったことです。

この年にして、まさかのマックブックデビュー。
操作方法もよくわからず、ネットで検索しながら少しずつ覚えています。
これは、予想外のことでしたが、ボケ防止には良さそうです。

ここ数ヶ月、何に対しても興味が持てなかったわたしが、
こんな風に毎日パソコンに触っているのが、不思議なほどです。

ブログのテンプレートを少しずつ自分好みに修正するのも楽しいし、
もっと好みのものを見つけたら、変えてみたいなと思ったりしています。

1年続けることができたら、ワードプレスにするのもいいかも。
でも、わたしにできるかしら。パソコンでの作業、けっこう楽しいです。

これも、このブログを始めたからですね。
やってみて良かったです。

neroli_294.jpg

キッチンの窓からの眺めです。
お隣の瓦屋根の向こうに、新緑が見えます。

neroli_295.jpg
父の命日に末妹が送ってくれたアレンジメントを分解し、
仏花の余りを足しました。

終わりに

最後に、20年前から変わらずわたしの書く駄文を読んでくださり、
もう書くことはないと思っていたわたしの背中をそっと押してくださったMさま、
本当にありがとうございます。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。
たった2ヶ月で、こんなに大勢の方に読んでいただけて、夢のようです。
いつも応援ポチ&コメント、感謝です。更新の励みになっています。 
  
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

関連記事

Comments 5

There are no comments yet.
原田さよ

なんて魅力的な文章を書くブロガーさんなんだろう。これが、はじめてネロリさんの記事を読んだときの私の思いでした。そしてすぐ惹き込まれ、その日に過去記事を全て読ませていただきました。

自分の気持ちに向き合うって、簡単なことじゃありません。私も鬱病の治療には長い期間を要しましたので、少しはネロリさんのこれまでを想像できるつもりです。

そう心配しつつも、この素敵なブログの更新を楽しみにしてしまうという矛盾!うまく書けませんが、とにかく、すっかりネロリさんのブログに魅了されています。

「今日一日を無事に過ごせればもうそれでじゅうぶんだよ」。これは私の主治医から言われた言葉で、忘れられない一言です。

ネロリさんがゆっくりゆっくり、ご自分の望む日常を取り戻せますように。

まとまらないうえに、また長くなってしまいました。すみません!とにかく私はネロリさんのブログの大ファンです。

そら

こんにちは🌞
私も ネロリさんのブログファンの1人です。❤️ お母様の介護からのネロリさんの不調 自分と重ねてしまいます。

義母は 70代でパーキンソン病になり 身体介護が必要になり 3年有料のホームにお世話になりました。プロでは出来ない介護がありますね。実母は 3ヶ月で ホームを退去‼️ 2人の母を見て 介護は 施設でチームになってすることが 本人にも 1番いい方法だと思います。

ネロリさんの気持ちが落ち着くまで お母様の介護は 安心して プロに任せるといいと思います。そして ブログも あまり負担にならないようにと願っています。💖💕

そら

すみません。💦😅 介護 家族には出来ない プロの介護がありますね。と書きたかっのですが 間違った表現になりました。義母のホームに行く度に 感じていました。

ネロリ
ネロリ
さよさま

さよさま、こんばんは。

わたしのシンプルライフのお手本でもあり、
センス溢れるブロガーでいらっしゃるさよさまから、
身に余る言葉をいただき、うれしさでいっぱいです。

いつも、もっと簡潔に書けたらいいのになと思うのですが、
どうしてもダラダラ書いてしまいます。
いつも読んでいただき、感謝です。

>「今日一日を無事に過ごせればもうそれでじゅうぶんだよ」
温かく、いい言葉ですね。

わたしも、いい年をして恥ずかしいのですが、
今の自分がどうしても好きになれなくて、焦燥感に駆られることがあります。

焦らず、自分のペースで、
一日を無事過ごしていけるようになりたいです。
温かいコメントを本当にありがとうございます。



ネロリ
ネロリ
そらさま

そらさま、こんばんは。
いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
ご丁寧に追伸までいただき、すみません。

ファンなんて言っていただけると、
うれしいやら、恥ずかしいやらで、穴があったら入りたいです。

わたしこそ、そらさまのおかげで、
Instagramの世界にほんのちょっとだけですが、足を踏み入れることができました。
いつかは、わたしも投稿してみたいなと思いますが、
投稿するような写真がないかも(笑)。

そらさまの介護のお話、まるで自分のことのように感じます。
チームでの介護、確かにそうですね。

わたしも、母の主治医から「プロに任せた方がいい」と何度も言われました。
それなのに、おかしな使命感で全てを自分でやろうとしていたように思います。
今は、罪悪感は残っているものの、ずいぶんが軽くなりました。

これからも、ネガティブなことやら、自己満足な長文を書くかもしれませんが、
お時間のある時にお付き合いいただけたらうれしいです。