実家はこんな家でした〜片付け前と片付け後

ネロリ

こんばんは、Uターン主婦のネロリです。
本日もご訪問いただきまして、ありがとうございます。

今日の東京は、冷たい雨の1日でした。
寒暖差アレルギーのわたしは、急に気温が下がったせいか、
朝からずっと、くしゃみと鼻水が止まらず、ルパフィンを飲みました。
せっかく暖かくなって、お薬に頼らなくて良くなったと思っていたのになあ。

さて、昨日は、我が家のルームツアーをさせて頂きましたが、
今日は、解体される前の実家の画像が、パソコンに残っていましたので、
ご紹介してみようかと思います。

築58年で解体された家ですが、断捨離中の写真もありますので、
お見苦しいですが、よかったらご覧くださいませ。
綺麗な写真ではないので、いつもより画像が小さめです(笑)。

neroli_235.jpg
わたしは、実家に来ると、2階のこの部屋で寝ていました。

タンスの横の部分の畳が青いのにお気づきでしょうか?
これは、洋ダンスが置いてあった場所です。
このほかにも、この部屋にはもう一つ整理ダンスもありました。
大きな地震があったら、どうなっていたことか。

neroli_236.jpg
同じ部屋です。
窓の向こうはサンルームという名の物置き場でした(汗)。
片付けるのが大変だった場所のひとつです。

neroli_237.jpg
これは、同じ部屋のアフター画像。
引っ越しが終わり、解体前の写真です。
家中で一番日当たりのいい場所で、今はリビングとジミ夫の部屋になっています。


neroli_234.jpg
1階座敷、断捨離中。
ハンマーは、何かを叩いて分解するために使ったかと(笑)。

neroli_233.jpg
アルバムが全部で55冊もありました。
全部をチェックして、必要な写真のみ剥がしました。
本当に本当に大変でしたが、頑張ってやってよかったと思うことのひとつです。

neroli_242.jpg
座敷の解体前。
右端の青い畳部分は、タンスと本棚でした。

neroli_238.jpg
この部屋は、2階の母の寝室でした。
トイレが1階にしかなかったので、夜中に何度も急な階段を降りるのが大変でした。
今は、この場所がキッチンになっています。

neroli_240.jpg
解体前の1階リビング。
日当たりが悪く、日中でも照明が必要でした。
今はわたしの部屋ですが、
南側をギリギリまで広く取ったので、日当たりもかなり改善されました。

neroli_243.jpg
解体前のキッチン。
ここは増築部分で、違法建築状態でした(汗)。
今は、ガレージになっています。

neroli_244.jpg
母が入るのに苦労していた狭い浴室。
浴槽が深いので、跨いで入るのが大変でした。
この場所も増築部分なので、今はガレージです。

neroli_245.jpg
畳半分くらいの広さしかない洗面脱衣所。
脱いだ衣類の置き場所もなくて、不便でした。
ここも今はガレージです(笑)。

neroli_241.jpg
実家の家族の誰もが一度は落ちた、急な階段。
わたしは、義父のお通夜の晩に落ちてしまい、
告別式には杖をついて出席するという、大失態を演じました(汗)。
長男の嫁なのに、恥ずかしかったです。

以上が、実家の片付け中&解体直前の写真です。

今は、もうなくなってしまったわたしの育った家。
もっとたくさん写真を撮っておけばよかったのですが、
当時は、片付けと、認知症の母を無事に引っ越しさせることでいっぱいいっぱいで、
思い出に浸る暇などまったくありませんでした。

母を1週間ほどショートステイに預け、実家に泊まり込んで一気に片付けました。
大変だったけれど、今では懐かしい思い出です。

ジミ夫を見ていても感じますが、
もし70代で、実家を片付けることになったら、
きっと体力も今ほどはないでしょうし、色々と大変だったろうと思います。

そういう意味では「実家をどうしよう」という悩みがなくなったことで
よかったのかなと思ったりしています。

残るは自分の終活だけ。
これは、なかなか手強そうです。

とりあえず、断捨離しなければ……。


今回は、お見苦しい画像ばかりでしたので、先日のお花見の写真を少し。
neroli_232.jpg
世田谷区の桜の名所のひとつ、都立砧公園です。
広い公園内には、ソメイヨシノやヤマザクラなどが、約840本植えられています。
巨木が多く、人が豆粒のようです。

neroli_231.jpg
目の高さで花が観賞ができるのは、広い公園ならではです。

neroli_230.jpg
散る直前になると、花の中心が赤くなってくるそうですね。
昨日あたり、花吹雪だったのではないでしょうか。

今日も、長い記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。
何かひとつでもお役に立てましたらうれしいです。

ポチッとしていただけましたら、更新の励みになります。
本日もありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
そら

こんにちは☔️
今日も冷たい雨ですね。私も気温差アレルギーなので 連日雨はきついです。

ネロリさん ご実家のお片付け 本当にお疲れ様でした。💕 経験した人でないと 全然分からない事ですね。壊すのは 業者に任せられますが 物の処分や整理 誰かがやらなくてはならないです。😱 昭和の家は 水回りは お金をかけない設計でした。夫の家も 昭和の最後あたりで建て直しましたが 浴室が とても貧相でした。💦 今は マンションのリフォームで 1番やって良かったのは 浴室です。目一杯広い浴槽も設置出来 床もすぐ乾き 冬でも暖かいですね。😊

最近の気温変化の大きさやエネルギーの不安などを考えると もう広い家はいらないと思う様になりました。ネロリさんのおうち 理想ですね。最後になってしまいましたが いつも 私のインスタへのご訪問 ありがとうございます。🙇‍♀️

ネロリ
ネロリ
そらさま

そらさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そらさまも、アレルギー性鼻炎もちでいらっしゃるのですね。
わたしも、今日もまた一日ティッシュの箱を抱えて過ごしました。
薬も、効く時と効かない時があり、不思議です。

古い家の水回りは、本当に狭いですよね。
わたしの実家は、あれでもリフォームしてあるんですよ(苦笑)。

実家はあまりに母の荷物が多くて、
地震の時に危険だと、何度も片付けを申し出ましたが、
母は「わたしが死んだら好きに片付けて」と聞き入れてくれませんでした。

結局、認知症になってから、わたしが何とか説得して、
強引に片付けることができました。
家を空にしないと解体できないし、大変でした。

広い家といえば、ジミ夫の実家がそうでした。
ふつうより天井の高い家で、義父の自慢でしたが、
冬はとても寒くて、後から床暖房を入れました。

今の家は狭いですが、確かに光熱費は安くなりました(笑)。
そういう意味では、狭い家もいいですね。



  • 2022/04/04 (Mon) 21:23
  • REPLY