絵画教室〜初めての風景画が完成

ネロリ

Uターン主婦のネロリです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

上高地の風景画が完成

今日は、絵画教室の日でした。
透明水彩を使った初めての風景画が完成。
完成までのプロセスをご紹介します。

1.下絵を描きました。自分で撮った上高地の写真です。
neroli_1501.jpg


2.2層目まで塗ったところ。
neroli_1469.jpg


3.木の幹や雪渓、水辺などを描きました。
neroli_1483.jpg


4.細かい部分を修正したり、木を描き込んで、完成。
neroli_1495.jpg

透明水彩は完成までが早いです。3回弱で完成でした。
色鉛筆画はたしか5回くらいかかったのではないでしょうか。

本当に早い!
あまり描き込みすぎると色が濁ってしまうので、一発勝負的な感じです。

これまで、デッサンにこだわった絵を描いてきたので、
色彩を中心に考えるというのはとても勉強になりましたし、新鮮で楽しかったです。
細かく描き込むばかりでなく、大胆に塗ることを知りました。

まだ透明水彩の技法については、ほぼ初心者なので、これから勉強していきたいです。
完成までが早いので、どんどん描けるのが楽しいですね。

2枚目は蓼科高原

というわけで、残った時間を使って2枚目に挑戦。
またまた自分で撮った蓼科高原の写真と下絵。

neroli_1498.jpg


一層目を塗って乾かします。

まずは紙全体を筆で濡らし、空、そして地面、木の葉を描きます。
ぼかしが大切なのですが、これがなかなか難しいです。

こんなんでいいの?と思いましたが、「これでいいんです」と先生。
neroli_1497.jpg

2層目。
風景画は遠くの情景から描いていきます。
遠くの木の幹を描きました。あとは葉を茂らせてみました。
手前の木の幹は最後に描きます。
neroli_1496.jpg
遠くは少しくすんだ色で、近くは彩度の高い色で塗ります。
今日はここで終了。

自分の好きな写真を選びましたが、やはり難しいです。
でも、好きな風景を書くのは楽しいですね。

ジミ夫も、今日、透明水彩を1枚完成させました。
帰りのランチでは、毎回お互いの絵の批評で盛り上がります。

ジミ夫の絵は本当に個性的で、日本画みたいな感じです。
わたしはありふれていて面白味もなく、なんというか平凡。
ジミ夫のような大胆さがありません。
デッサン力はわたしの方があると思うのですが(笑)。

ジミ夫が芸術性の高い作品を作る陶芸家だとしたら、
わたしは職人肌の作陶家みたいな感じでしょうか。
でも、夫婦で同じ趣味を持つのはなかなかいいなと思いました。

今日のランチ

neroli_1499.jpg
今日のランチは、ジミ夫の希望でとんかつ。
和幸で「かごしま黒豚のロースかつご飯」を食べました。

久しぶりの揚げ物はすごく美味しかったけれど、
1食で1日分のカロリーを摂取してしまいました(汗)。

ジミ夫が「たまにはいい肉を食べたい」というので、
同じものを頼んでみましたが、やはりブランド豚は美味しい・・・。
ごちそうさまでした。

neroli_1502.jpg
お散歩風景。風景画を描くようになって、
歩きながら木々の葉の色や陰影、枝ぶりなどをよく見るようになりました。

【今日の良かったこと3つ】
1.初めての風景画が完成した。
2.同じ教室の外国人の生徒さんに、絵を褒められた。
3.久々のとんかつが美味しかった。

今日の歩数:17233歩

今日は朝のウォーキングと絵画教室、そして帰宅後に30分フィットネスにいったので、
かなり歩きました。

お昼食べすぎた分、頑張って筋トレしましたが、きっと体重が増えたことでしょう(汗)。
明日は食べすぎないように気をつけます。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
コメントや応援クリック、メッセージ、いつもありがとうございます。
更新の励みになっています。
それでは、また・・・。

どれかひとつ、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.