透明水彩で初めての風景画

ネロリ

Uターン主婦のネロリです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

今日は、朝起きた時は雨模様でしたが、午前中には晴れ間がのぞき、
午後は真夏のような暑さになりました。
東京の最高気温は34度だったようです。本当に暑かった・・・。

お家でラジオ体操

今朝は、雨のためにウォーキングは中止。
家の中でストレッチを15分行ったあと、みんなの体操&ラジオ体操をしました。
みんなの体操もラジオ体操もYouTubeのNHK公式にあるので、それがお手本。
久しぶりに映像を見て、正しい動作を再確認できました。

公園のラジオ体操も、指導者の方が8人ほど並んでいるのですが、
何しろ参加者が多いので、後ろの方で体操しているわたしには
指導者の動きがよく見えないのです。
明日はお天気が良さそうなので、また公園で参加したいと思います。

初めての風景画

さて、今日は絵画教室の日でした。
今日から、透明水彩による初めての風景画に挑戦です。

透明水彩という画材にも、まだ慣れていませんけれど、
風景画を描くなんて、おそらく学生時代以来ではないでしょうか。

中学・高校時代に風景画を描いた記憶がないので、
もしかしたら、小学校以来かもしれません(汗)。どれだけ久しぶりなの!

風景画を見るのはとても好きですが、描くとなると話は別。
扱いの難しい透明水彩でうまく描けるのか不安でしたが、まずはチャレンジ。
これまでは、アトリエで画材をレンタルしていたので、初めて自分の画材を使っての絵です。

先生がとても丁寧に指導してくださったおかげで、
なんとか一層目と二層目を塗りました。

neroli_1469.jpg
二層目まで塗ったところ。
一層目の写真を撮り忘れてしまいました。痛恨のミス。

透明水彩は一層目が一番大切と言われています。
一層目が完全に乾いてから、二層目を塗ります。

思ったより滲みが出て、色が広がってしまったのですが、
先生はこれで良しとのことでした。

この先どうなるのか自分でもわかりません(汗)。
先生の指導を仰ぎながら、完成を目指します。

ちなみに上高地の風景です。
わたしは独身時代から上高地が大好きで、5回くらいは行ったのではないでしょうか。
最後に行ったのが2018年で、その時に撮った写真を見て描いています。

今は、週1(正確には月3)の絵画教室が、生活のスパイスになっています。
ジミ夫と絵や画材の話など、趣味の話ができるのも楽しいです。

ジミ夫はいよいよ油彩の道具を買うようです。
先生に揃えるべき筆やオイルなどを質問していました。

絵の具に関しても、メーカーごとの違いを詳しく教えてくれて、
わたしもとても勉強になりました。
趣味の世界は、なんでも奥が深いですね。

カロリー高めのチートデイ

絵画教室の後のお楽しみは、ランチ。
特にダイエット中の今は、週に一度のチートデイです。

渋谷は混んでいるので、いつもは地元で食べるのですが、
今日はヒカリエに用事があったので、ヒカリエの中のスペインバルで食べました。

neroli_1468.jpg
お昼のミニコース。サラダ、スープ、メイン、パエリア。
メインとパエリアは、数種類の中から選べます。
わたしはお魚料理と帆立づくしのパエリア。

これに、飲み物&ミニデザートがつきます。
久しぶりのケーキに興奮し、写真を撮り忘れました(笑)。
バナナパウンド的なケーキでした。

いつものピッツア&パスタの炭水化物まみれよりは、多少はヘルシー?
サラダがたっぷりの量で、食べ応えがありました。
スープもブイヤベースみたいな味で美味しかったです。

そしてまた運動

帰宅後、食べた分を消費しようと、30分フィットネスに行きました。
暑さのせいかスタジオはガラガラ。わたしを入れて4人でした。
でも、おかげでコーチにしっかりと指導してもらえたので、ラッキー。

フィットネスへの往復で40分近く歩いたので、帰宅後は汗だく。
朝歩かなかった分も取り戻せたかな。
なかなかに充実した1日でした。

neroli_1471.jpg
渋谷の公園通りの歩道の植栽が、とても素敵でした。
こういう葉物の取り合わせ、いいなあと思います。

【今日の良かったこと3つ】
1.初めての風景画、難しいけれど楽しい!
2.   久しぶりにカロリー高めなランチ、やっぱり美味しかった。
3.フィットネスの帰り、公園の階段を駆け足で登れた!

今日の歩数:12677歩

早朝ウォーキングは休んだけれど、絵画教室とフィットネスで1万歩超え。
渋谷は駅が一番の谷で、どこへ行くにも坂道を上らなければならないので、
けっこういい運動になります。

この暑いのに、朝から外国人観光客が大勢。
スクランブル交差点で動画を撮っている人がけっこういます。

ジミ夫は「何が面白いんだろう」といつも不思議がっているので、
「日本人だって、ピカデリーサーカスに行ったら写真撮っているじゃない」
と言ったら「そうかあ」と納得していました。

なんて偉そうに言っていますが、ピカデリーサーカスには行ったことがありません(笑)。
いつか行ける日が来るのでしょうか。
そうしたら、わたしも写真を撮りまくることでしょう。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
コメントや応援クリック、メッセージ、いつもありがとうございます。
更新の励みになっています。
それでは、また・・・。

どれかひとつ、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comments 7

There are no comments yet.
-
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2023/07/07 (Fri) 11:48
  • REPLY
-
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2023/07/07 (Fri) 14:20
  • REPLY
ムンク

絵ももちろんですが、日々の生活が私とは比べ物にぬらない充実感と素晴らしさ!私もこんな風にとは思うものの、一生無理そうです。8月に伊勢丹で轟さんの絵画展があります。ネロリさんは私より格段に行きやすそうですし、是非覗いてみて下さい!
私は一応伺う予定ではありめすが、舞台人の彼の方が好きだったので、複雑な心境です。もはや舞台の上での姿を見ることはないのかと思うと、、
人生は個々のものですから仕方ないですね。
私も自分の人生を生きねば!
チートデイのご飯がめちゃ美味しそうで羨ましいです。やはり都会ですねー

  • 2023/07/07 (Fri) 18:45
  • REPLY
ネロリ
ネロリ
鍵コメTさま

Tさま、コメントありがとうございます。
削除の件、すぐに気づかずに遅くなってしまい、すみません。

水彩画の空の表現のご質問ですが、
わたしが習ったのも、Tさまと同じ方法です。

まず用紙全体を濡らし、半乾きになったところで空を塗り、
乾かないうちにティッシュパーパーで絵の具を拭き取り、雲を表現をしました。

初心者なので、なかなか思うようには行きませんが、
練習を重ねて、自分の表現したい絵を描けるようになりたいです。

講師の先生も、とても丁寧に教えてくださるので、
アトリエに通うのが楽しいです。

絵画の記事は、興味のない方も多いと思うのですが、
目に留めていただき、うれしいです。

完成までのプロセスを載せていきますので、またご覧になってくださいね。
ありがとうございました!


ネロリ
ネロリ
ムンクさま

ムンクさま、こんばんは。
素晴らしいお知らせ、ありがとうございます!

轟さん、どうしていらっしゃるかなあと気を揉んでおりましたが、
作品制作に励まれていらしたのですね。
ぜひとも伺いたいと思いますが、混んでいるでょうね、きっと。

雪組100周年にも参加されないので、
もう舞台には立たれないおつもりなのでしょうね。
寂しいけれど、中途半端が嫌いな轟さんらしいなとも思います。

わたしの生活は、東京にUターンしてガラリと変わりました。
薔薇を愛でることはなくなり、寂しいですが、
電車でどこへでも行けるのは、便利でいいなと思います。

チートデイのお店は、渋谷のヒカリエの7階にあります。
ランチタイムはリーズナブルなお値段で、パエリアなどが食べられます。

東京は何でもありますが、どこも狭くて混んでいるのが難点です。
最近は郊外の方が、緑の中のこだわりのレストランやカフェがあって、
素敵だなあと思います。


-
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2023/07/07 (Fri) 20:41
  • REPLY
ネロリ
ネロリ
鍵コメTさま

Tさま、こんばんは。
コメントに気づかず、お返事が遅くなり、すみません!

Tさまはパステル画を習われていたのですね。
わたしの通う教室でも、時々パステル画を描いている方がいます。
わたしも興味はありますが、難しそうで。

色鉛筆画で、背景にパステルを使ったことはあります。
カッターで削ってティッシュで広げました。
色鉛筆画で、広い部分を塗るのにパステルをよく使うようです。

向井潤吉さん、世田谷区にアトリエ館がありますね。
わたしはまだ建物を描いたことがないので、
一度は描いてみたいですが、難しそう・・・。

油彩を水彩で模写というのも、楽しそうですね。
絵は、本当に奥が深いです。

まだまだ初心者ですけれど、またご覧になっていただけてうれしいです。
コメントありがとうございました。