圧強めな妹に泣かされる

ネロリ

Uターン主婦のネロリです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

先週末からずっと、雨模様の東京です。
このまま、桜も散ってしまうのでしょうか。
明日は、青空が見られるといいなあ。

さて、父の十七回忌も無事に終わり、我が家に滞在していた末妹も、
昨夕、無事帰宅しました。
昨夜は疲れ果てていたので、久しぶりに早々と寝てしまいました。
今日は朝から布団などの片付けに追われ、あっという間に1日が終わりました。

10歳年下の末妹と会ったのは、昨年の夏以来でした。
わたしの体調を色々と心配してくれるいい妹なのですが、
価値観の違いに違和感を感じたり、
わたしを見下すようなものの言い方に、イラッとすることがあります。

特に昨年は、まだメンタルが弱っていた時だったので、
末妹のキツい言い方にずいぶんと打ちのめされました。

今年は、昨年より元気ではありますが、息子のことで心がざわついている中で、
妹の・・というより妹の旦那さまの「人生は勝負」「努力が全て」という持論を聞き、
またもや凹んでしまいました。

「いい大学を出て、いい会社に入り、いい相手と結婚して子供を持つ」
という昭和的価値観を、いまだに何の疑問を持つことなく信じている妹。

わたしも、昔はそういう価値観を持っていたように思います。
それが変わったのは、マイペースに生きるジミ夫と結婚したこと、
そして、自分がメンタル疾患になったり、息子が不登校になるという
価値観が変わるような出来事を経験したからかもしれません。

わたしはお見合い結婚でしたが、末妹は社内結婚。
妹は義弟のアシスタント的な仕事だったらしく、いわば上司。
当時から、仕事にはとても厳しい人だったそうです。

それは、結婚して30年近く経った今でも変わらないようで、
義弟は大変な亭主関白で、夫唱婦随という夫婦関係です。
九州男児って、みんなそんな感じなのでしょうか。

また、競争心が激しく、勝ち負けにこだわるのは、
義弟がいわゆる団塊ジュニア世代だからかもしれません。

もちろん、わたしに対しては腰が低く、丁寧に接してくれますが、
それはわたしが長女で、年上だからでしょう。

妹の話を聞いていたら、わたしなら絶対に離婚だなと思いました。
というか、あちらから離婚されそう(汗)。

反対に、末妹も、わたしのジミ夫に対する態度を見て大いに驚いたようで、
「うちなら絶対に許されないわ」と言われました。
それほどぞんざいに扱ってはいないと思うのですが(汗)。

末っ子で、みんなから甘やかされ、可愛がられて育った妹。
小さい頃はぼんやりしていて、勉強も苦手だったけれど、
両親も、さほどうるさくは言っていませんでした。

あまりの待遇の違い?に、母に文句を言うと、
「あの子は、ネロリと違って、親と過ごせる時間が短いのよ」
と言われました。

まあ、確かにわたしの方が10年長く生きているわけですが、
結婚したら家を出るのだし、わたしは24歳、末妹は26歳で結婚したので、
親と過ごした時間は、わたしの方が短いのではないかと思います。

だいたい、結婚するまで親元にいた末妹と違い、
わたしは高校生の時から親と離れて暮らしていましたから。

妹が今のようになったのは、やはり結婚してからだと思います。
わたしもそうなのですから、やはり結婚相手の影響って大きいのですね。

末妹の人生観とわたしの人生観、
どちらが正しくて、どちらが間違っているとは言えませんけれど、
同じ親から生まれ、育てられたのに、
こんなに違ってしまったのだなと思うと、不思議に感じました。

ちょっと変わり者のすぐ下の妹に比べると、
常識的だし人付き合いも上手いのですが、圧が強めなところが苦手です。

自分の弱いところを責められているような感じがして、
しんどくて涙が出ました。
妹の問題ではなく、わたし自身の問題なのかもしれません。

「自分らしく生きる」と言うわたしの価値観は、
まったく理解してもらえませんでした。

それにしても、末妹から軽く扱われ、
見下すようなことを言われるようになるとは、
数年前には、思ってもいませんでした。

姉妹なので、遠慮がないのかもしれませんが、
もう少し尊重してくれてもいいのになんて思ったり。
すぐ下の妹の方は、一応わたしを姉として扱ってくれるのですが。

これからも姉妹として仲良くしていきたいとは思いますが、
深い話をすると不快な思いをすることになるので、
ほどほどに付き合っていきたいと思います。

そして、わたしも友人関係においては、
年上の友人に対しての態度に、気をつけていこうと思います。

neroli_1242.jpg
先日訪れた、都立砧公園の桜。

今日は、末妹の愚痴になってしまいました。
肉体的な疲れより、精神的な疲れで、ぐったりしていました。

朝のラジオ体操は何とか行きましたが、
30分フィットネスは、休んでしまいました。

妹に言わせれば、こういうところがダメなのでしょうね。
明日は、頑張って行けますように。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
コメントや応援クリック、メッセージ、いつもありがとうございます。
更新の励みになっています。
それでは、また・・・。

どれかひとつ、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
そら

おはようございます。
お父様の法事も終わり お疲れ様でした。実の妹さんとはいえ 家にお泊まりの方を迎えるのは 気を遣いますね。

あくまでも 私の想像ですが 末妹さんとご主人の関係は 会社で出会った時の上下関係のまま ずっと続いているのかなあと思いました。常に 妻をリードして ご主人の価値観に合わせている様に見えます。

色んな夫婦のつながりがあるのですから 血のつながりのある妹さんのことでも 割り切って考え ネロリさんは ジミ夫様と 今までと同様素敵な夫婦であって欲しいです。私は 最近 結婚した兄弟姉妹は 他人の始まりという考えも一理あると感じています。

原田さよ

ネロリさん、お疲れさまでした。どうぞゆっくり休んでくださいね。
「私は一生懸命やってきたし、今もがんばっている」と自分を両手で抱きしめて、いっぱい労ってあげてほしいです。

-
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2023/03/28 (Tue) 20:20
  • REPLY
ネロリ
ネロリ
そらさま

そらさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そらさまの書かれている通り、妹夫婦は会社時代のままのようです。
妹自身もそう言っていました。
妹は義弟のことを尊敬していて、義弟の価値観を受け入れているようです。

夫婦仲がいいのは良いことなので、わたしが口を挟む話ではないですが、
義弟の少年ジャンプ的な価値観を、わたしに押し付けないで欲しいです(汗)。

>私は 最近 結婚した兄弟姉妹は 他人の始まりという考えも一理あると感じています。
そらさまのおっしゃる通りだと感じました。
それぞれ新しい家庭を築いていくわけですものね。
わたしも、妹は妹、自分は自分と思って暮らしていこうと思います。

ただ、いい距離感を保ちつつ、仲良くできたらいいなと思います。
いつも温かいコメント、本当にありがとうございます。

ネロリ
ネロリ
原田さよさま

さよさま、こんばんは。
温かいコメントをありがとうございます。

昨日は、疲れもあってかなり凹んでいました。
そして、今日は気分を変えようと、部屋の片付けをやってみました。

不要なものを処分したり、書類を整理しただけですが
かなり気分がスッキリしました。
さよさまのブログ記事の「書類の片付け」がとても役に立ちました。
ありがとうございます。
これからも、自分らしく、無理せずに生きていこうと思います。

いよいよ、ご著書の発売日が近づいてきましたね。
わたしもワクワクしながら待っています。

ネロリ
ネロリ
鍵コメT・ Mさま

T・Mさま、はじめまして。
コメントをありがとうございました。

砧公園にいらしたとのこと。
都内にしては、かなり広々とした公園ですよね。
のんびりできるので、わたしのお気に入りの場所なのです。

秋の紅葉も、とても綺麗なんですよ。
機会がありましたら、またいらしてくださいね!