友人の実家の墓じまい

ネロリ

Uターン主婦のネロリです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

昨日は友人と会って、ランチ&おしゃべりでした。
シニア同士なので、話題はたいてい健康のことや、親の介護のことなど。

昨日は、友人の実家の墓じまいの話を聞きました。
友人には弟さんがいて、ご主人は次男なので、
どちらの実家のお墓も継ぐことはありません。
ここ1年くらい、自分たちが入るお墓を探しているようです。

友人は大阪出身なので、大阪に先祖代々のお墓があるのですが、
お墓を継ぐ弟さんは、お子さんが一人娘でお嫁に行っているため、
継ぐ人がいないのです。

しかも、昨年末に弟さんの奥様がガンで亡くなったのですが、
嫁ぎ先のお墓に入るのを拒否していたので、実家のお墓に納骨したそうです。
なので、この先、友人の実家のお墓に入る人は、友人のお母様と弟さんだけとなりました。

弟さんも東京に家を持っていて、大阪に帰る予定はないので、
いずれ施設に入っているお母様が亡くなったら、
それを機に、永代供養してくれる東京のお寺に改葬しようと思うがどうかと
弟さんから相談されたそうです。
もちろん友人には何の依存もなく、弟さんに任せるとのことでした。

友人夫婦は、これから自分たちが入るお墓を探しているというのに、
なかなかうまく行きませんね。

最近よく聞くのが、実家のお墓に入ったというお話。
友人の弟さんの奥様もそうですが、わたしの別の友人のお母様もそうです。

昔は苗字が違うと入れないという話も聞きましたが、
今は、そんな煩いことを言わなくなったのですね。

わたしの実家のお墓(霊廟)は、まだ父しか入っておらず、
母が入っておしまいの予定ですが、
わたしたち姉妹が入ることもできるそうです。
ただ、その場合、後から入った人の苗字のお墓になるとのことでした。

わたしも、両親と一緒のお墓に入りたいという気持ちもなくはないのですが、
そうすると、ジミ夫と別のお墓になってしまうので、それも寂しいし、
息子が大変だと思うので、ジミ夫家のお墓に入るつもりです。

お墓を巡っては、本家に跡取りがいないため、分家から養子を取ったみたいな話を
昔はよく聞きましたが、今はお嫁さんが実家のお墓に入れる時代になったのですね。
あと一世代、二世代後は、また全く違う価値観のお墓になるのかもしれません。

neroli_009.jpg
昨年の梅。2月の半ばくらいですね。

今日は、体調が今ひとつの一日でした。
お天気のせいかもしれませんね。

ここのところ、睡眠状況もあまりよくなくて、
時間的には5時間以上寝ているのですが、
昨夜も5回ぐらい目が覚めて、そのうち3回トイレに行きました。

昨日会った友人は、一度も目覚めず眠ることができているそうで、
本当に羨ましいです。

以前より寝つきは良くなったのですが、中途覚醒と夜間頻尿は、
睡眠の質を下げてしまいます。
ぐっすり朝まで眠って、スッキリと目覚めたいものです。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
コメントや応援クリック、メッセージ、いつもありがとうございます。
更新の励みになっています。
それでは、また・・・。

どれかひとつ、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
そら

おはようございます☀
墓じまい うちにとっても現実的で あと数年以内にする事になっていますが💦 

京都市内のお墓へは コロナ前までは お彼岸 お盆 法事などで 年数回行ってましたが 私達の代で 区切りをつけます。京都に家もないのに お墓だけというのも。。。永代供養をして頂き 私達の眠る所は どこか都心の合同の供養場所にしようと思ってます。

話は変わりますが 昨夜 私のメール受信の不具合で ネロリさんからのメールがあったのに 気付きませんでした。🙇‍♀️💦🙇‍♀️ 本当にすみませんでした。これから 気をつけます。

ネロリ
ネロリ
そらさま

そらさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そらさまご夫妻も、墓じまいをなさるのですね。
遠方にお墓があると、維持管理も大変ですものね。
やはり近いのが一番です。
良いところが見つかりますように。

わたしも、独身の息子に託すのもどうかなという気持ちがありますが、
息子が継ぐと言っているので、任せようと思います。

メールの件、ご丁寧にありがとうございます。
わたしも同じような経験がありますので、どうぞお気になさらず(笑)。
いつもありがとうございます。

ナナ

徳川慶喜家でも墓仕舞いしていますし(玄孫で墓仕舞いをしている山岸美喜さんのブログが興味深いです)
徳川本家は子供がいらっしゃらないので、これから養子をとって継いでいくのでしょう。
寂しく感じますが、一般の家の墓仕舞いなんてきっとなんてことないのでしょうね。

私の母方の祖母は、子供、孫、ひ孫と沢山いるのに、たまたま男の子で家を継ぐ者がおらず、永代供養になりました。
墓管理で面倒をかけたくないという祖母の想いもありました。

最近のお墓を見ると、墓石に複数の苗字が彫られているものもあります。
実は昔からあったそうですが、現代のニーズにもマッチするようです。
そして、親族で夫婦円満に見える人でも、お嫁さんだけ別の墓に入るという人もおります。

これまでは家族・親族が多いから、考えもしなかったけど、
お墓の在り方も頭を悩ませますね。子がいても地元を離れてたら墓管理なんて出来ませんし。
男の子が続いて、かつ地元に定住し続けないと、従来の墓システムは維持できないです。

ネロリ
ネロリ
ナナさま

ナナさま、こちらにもコメントありがとうございます。

徳川慶喜家でも墓仕舞いですか。知りませんでした。
由緒正しい旧家でも、そういうことがあるのですね。

>男の子が続いて、かつ地元に定住し続けないと、従来の墓システムは維持できないです。
本当におっしゃる通りですね。
少子化、非婚化で、「家」の存続は難しい時代となりました。
わたしも息子が一人おりますが、アラサーで未婚。
このままだと、息子の代で家が途絶えることになります。

大した家ではないので、それはいいのですが(笑)、
わたしも、永代供養のことも考えなければならないかもしれませんね。

  • 2023/10/03 (Tue) 17:56
  • REPLY
-
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2023/11/07 (Tue) 23:05
  • REPLY
ネロリ
ネロリ
鍵コメNさま

鍵コメNさま、コメントありがとうございます。

ジミ夫家の菩提寺の墓地にも「ご連絡お願いします」という札の立てられたお墓が
とてもたくさんあります。
数年後には更地となり、あっという間に新しいお墓が建てられます。
そして、お骨は骨壷のまま、納骨堂に納められることになります。

跡を継ぐ人がいないお墓は、こうしてどんどんなくなっていくのでしょうね。
「跡継ぎ」という考え方もなくなっていくでしょうし
20年後くらいには、お墓の形もまた変わっているかもしれませんね。