親の介護~わたしは悪い娘なの?

ネロリ

こんにちは、Uターン主婦のネロリです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

今日の東京は、小雨の降るどんよりした空模様でした。
こういうお天気だと、もともと弱めなメンタルが、ますますダウンしてしまいます。
とうふのようなメンタルです(汗)。

きのうのブログで、母のことで心が揺れたと書きました。
そのことについて書いてみたいと思います。

ひとつは、入所しているホームで、母に不穏があったことです。

母の入所している介護付き老人ホームでは
家族向けに、ネットでIDとパスワードを入力すると、
前日のバイタル、食事の摂取量、生活の様子が分かるというサービスがあります。

毎日、それを読んで、母の様子を確認しているのですが、
そこに、母が他の入所者さんが勝手に部屋に入ってきたとクレームを付け、
その後も、食べたはずの食事を食べていないと言ったり、
就寝するまで、かなりイライラとしていたことが書いてありました。

介護の場でもよく使われる「不穏」という言葉ですが、
「穏やかでない」「行動に落ち着きがない」「そわそわしている」
ということらしいです。

ホームに入ってからは、最初のうちこそ、色々ありましたが
ここのところは、穏やかになったようで、ホッとしていたのですが、
やはり、認知症であることには変わりないのですね。

少し心配になって、ホームに電話してみたところ、
看護師さんが電話口に出てくださり、
一晩たって、母もすっかり忘れてしまっているようで、
いつも通り、楽しそうにしておられますとのこと。

お礼を言って電話を切りましたが、
自宅にいた頃の、母の鬼の形相がフラッシュバックし、
胸が苦しくなりました。

もうひとつは、同世代の知人との会話でのことです。
ヘルパーの研修で行った施設での入所者の扱いがひどくて、
施設に親を入れるなんて信じられない、
自分は、最期まで親を看取ると言っていました。

彼女は、わたしの母のことを知りませんから、
別にわたしを責めているわけではなく、単に感想を述べただけなのでしょうけれど、
弱っている心にはグサリと突き刺さりました。

わたしの知っている施設と言えば、
義母が入っていた老健と介護付き有料老人ホーム、
母がお世話になったショートステイ(2か所)と、
現在入所している介護付き有料老人ホームですが
どこも、とてもよくしていただいているように感じます。

もちろん、外から見ているだけなので、実際がどうかはわかりません。
でも、認知症の母と同居してみて、
いかに介護が大変かを身を持って知ったので、
ホームでお世話してくださっている職員さんには、感謝しかないのです。

知人は、まだ親の介護を経験していませんので、
わたしの思いはわからないだろうなと感じました。

わたしも、片道2時間の遠距離介護をしていた頃は、
母と同居して介護できたらもっと身体が楽なのにと思いましたが、
同居での介護は、逃げ場がないぶん、より過酷でした。
何ごとも、経験してみないことにはわかりませんね。

もうひとつは、80代のご両親が住む実家に、
4年も帰っていないという年下の知人のこと。
「いつまで元気でいられるかわからないのだから、コロナが収まったら顔でも見せたら?」
と年上の老婆心で言ってみましたが、
親の顔を見たくないと言われてしまいました。

あー、失敗したと思いました。
余計なお世話でした。

誰でも、親と良好な関係を築いているわけではありません。
わたしも、特に母と仲が良かったわけではありませんし
すぐ下の妹は、母が苦手、実家に行きたくないと言っていました。
事実、母が認知症になってから、彼女も一度も母に会いに来ていません。

でも、認知症発症以来、いろいろ問題の多い母でしたが、
安心しきったような寝顔を、可愛いと思ったこともありましたし、
入浴介助の時、痩せて小さくなった母の背中を流しながら
切ない思いにかられたこともありました。
母の手の温もりを思い出すと、涙が出てくることもあります。

愛と憎しみは表裏一体といいますが、母と娘の関係って複雑ですね。

わたしは、悪い娘なのかな?
今でも、ときどき考えてしまいます。

neroli_041.jpg

我が家の玄関は日当たりが悪いので、日当たりを好む花が植えられません。
ヒューケラなら大丈夫かなと、ハンギングを飾ってみました。
これは、ネットで購入したものです(笑)。

neroli_048.jpg

これは、茨城の旧自宅のシェードガーデン。
ヒューケラ、クリスマスローズ、ギボウシなど。
ガーデニングが大好きで、特に薔薇をたくさん育てていました。
楽しかったけれど、もう体力的には無理かなあ。

そして、昨日のブログに書いた膀胱炎ですが、
痛みも減り、かなりよくなりました。やはり、薬の力は偉大です。

お読みいただき、ありがとうございます。
ポチッとしていただけると、更新の励みになります。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.