26回目の人間ドック

ネロリ

Uターン主婦のネロリです。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

毎年恒例の人間ドックが終わり、無事帰宅しました。
26回目の人間ドックです。

初めてのドックはアラサーで

初めて人間ドックを受診したのは、まだ働いていた時でした。
会社の健保からの補助で安く受けられる聞き、日帰りドックを受診しました。
その後30代後半に、茨城の病院の1泊ドックを受診。

そして、39歳からジミ夫の勧めで、今の病院の宿泊ドックを受診するようになりました。
以来、ずっと夫婦一緒に受診しています。

最初の頃は3日ドックでしたが、検査技術が進んだことにより2日ドックになり、
今年で24年間連続で受診しています。

検査項目は昔より増えていますが、拘束時間は減っています。
技術の進歩ってすごいですね。

検査項目

2日ドックの検査項目です。

○身体計測
○内臓脂肪CT
○内科診察
○マンモグラフィー
○婦人科診察(内診・細胞診検査・卵巣エコー)
○聴力検査
○視力・眼底・眼圧検査
○肺機能検査
○胸部X線撮影
○肺ヘリカルCT
○睡眠時無呼吸症候群検査
○心拍数・血圧座位・心電図
○API検査
○頸動脈エコー検査
○ホルター心電図
○胃内視鏡検査
○腹部エコー検査
○骨密度検査

以下は血液検査
○糖尿病検査
○腎機能検査
○肝機能検査
○血液検査
○アレルギー検査
○血清脂質検査
○感染症検査
○免疫学検査
○腫瘍マーカー検査
○甲状腺検査

これに、オプションでマンモエコーと、ピロリ菌検査を追加しました。
ジミ夫は脳ドック(MRI)を追加しました。

わたしは、かなり昔にピロリ菌の除菌をしたことがあるのですが、
今は、昔よりピロリ菌の陽性の値が厳しくなったと聞いたので、
念のために検査を受けることにしました。

宿泊ドックならでは検査は、睡眠時無呼吸症候群とホルター心電図です。
どちらも、一晩機械を装着して検査します。

わたしは、この簡易検査で異常が見つかり、
最終的に入院しての精密検査で、睡眠時無呼吸症候群と診断されました。

宿泊ドックの部屋

泊まったのはこんな部屋です。
neroli_781.jpg
外来や病棟とは別に、人間ドック専用のフロアがあり、
検査もほぼ、専用フロアで受けます。

外来で検査を受けるのは、ヘリカルCTとマンモグラフィーなどの
放射線科で受ける検査です。

neroli_782.jpg

夫婦なので、ツインルームです。
一人で受診する人はシングルルーム。
バスルーム、冷蔵庫、テレビなどがあり、ほぼホテルと一緒。

neroli_783.jpg
1日目の昼食と夕食。病院食とは違いますが、かなり薄味です。
でもボリュームは満点。

わたしは、この病院で2回手術を受けていますけれども、
やはり病棟と人間ドックでは、全然気分が違います。
病気で入院するのは、やっぱり嫌ですね(汗)。

長年同じ病院の人間ドックを受診していると、
機械が新しくなったり、検査方法が変わったりするのがわかります。
看護師さんとも顔馴染みになったりして、それもまた楽しいです。

わたしは閉所恐怖症なので、CT検査がとても苦手なのですが、
今年も何とか頑張って乗り越えました。
毎年受けているから、我慢することができるのだと思います。

自費受診

ジミ夫が現役の頃は、会社の補助があったので、
ジミ夫は無料、わたしは3万円ほどで宿泊ドックを受診することができました。

でも、リタイアした今は、自費受診。二人合わせて30万円以上かかります。
ジミ夫に、お金がもったいないからやめようと言ったこともありますが、
病気になってお金がかかるよりも、検査にお金がかかった方がいいと言うのです。

40代の時、わたしに初期の卵巣がんが見つかったことがありました。
ドックの婦人科の内診、卵巣エコー、そして腫瘍マーカーの異常で、
すぐに外来に回されました。そして、数週間後には手術していました。

自覚症状はまったくありませんでしたから、
あの時、もし人間ドックを受診していなかったらと思うと、ゾッとします。
ジミ夫は今でも「ドックを受けていて、本当に良かった」と言っています。

もちろん、検査は万能ではないですし、
人間ドックを受けていたのにガンになったという話も聞きますけれど、
毎年検査を受けていれば、自分の弱い部分がわかりますし、
自分では自覚症状がなくても、検査で異常がわかることもあります。

わたしの場合は、数年前、触診で甲状腺が腫れていることを指摘され、
そして、聴力検査で3年前から左耳がやや難聴気味と出ています。
どちらも、自分では気づきませんでした。

また、わたしのように、喉元過ぎればタイプの人間は、
年に一度でも、自分の身体としっかり向き合うことになるので、
自覚を促す意味でも、大切なことだと思っています。

そうは言っても、もうシニア世代。子どもも独立したことだし、
そろそろドックも1年置きでいいんじゃないかなとも思うのですが、
ジミ夫は、帰りに来年のドックを予約していました。
宿泊ドックは人気らしく、早く予約しないとすぐに埋まってしまうのです。

初めて受診した頃は、わたしが最年少だったのに、
60代となった今は、女性ではわたしが最年長に見えました。
24年も連続で来ていたら、そうなるでしょうね(笑)。

年に一度の贅沢?な2日間。
ジミ夫は、宝石やブランド物は買ってくれませんが、
健康にお金を使うのは厭わないので、それはそれで良かったのかなと思っています。

おわりに

neroli_778.jpg
旧自宅の薔薇。シャーロット・オースチン。
春の華やかな薔薇も素晴らしいですが、秋の薔薇は色も深く、香りが良いです。

人間ドックの検査結果は、だいたいひと月後に送ってきますが、
中間判定で、内科の先生との面談があります。

わたしは、昨年より内臓脂肪が増えたこと、コレステロール値、
血糖値が上がったことを注意されました。

体重が減るとこれらの値も下がるので、
薬を飲む前に、まずは体重を減らすように頑張ってみてくださいとのこと。
そして、30分フィットネスと水泳は、是非続けてくださいと言われました。

わかっていたけれど、数字で現れるとキツいですね。
継続は超苦手なのですが、頑張らないと!

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
コメントや応援クリック、メッセージ、いつもありがとうございます。
更新の励みになっています。
それでは、また・・・。

どれかひとつ、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.