うまくいかないのは「ゼロヒャク思考」だから?

ネロリ

Uターン主婦のネロリです。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

今日もまた暑い一日でした。
最近、毎日同じことを書いていますが、暑すぎて頭が働きません(汗)。

ただ、ひとつだけ嬉しいことが。
ミンミンゼミに混じって、この夏、初めてツクツクボウシの鳴き声を聞きました。

いつもの夏より、ちょっと早め? フライングかな?
でも、暦の上では、もう秋ですものね。
早く秋になって欲しい!

お腹が弱い系

今日は、内科に行ってきました。
そろそろヤク切れ(笑)を起こしそうなので、お盆前に薬を出してもらおうと思って。

わたしが毎日必ず飲んでいる薬は、コレステロールを下げる薬と逆流性食道炎の薬です。
そのほかに、頭痛薬としてロキソニンと、過敏性腸炎の薬、イライラを抑える漢方薬など、
不調に合わせて、薬を出してもらっています。

どちらかと言えば、消化器系が弱い体質です。
胆嚢炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石になったことがあります。
ここ1ヶ月ほどもお腹の調子が悪く、たびたび下痢になります。

夏で胃が弱っているいうこともあると思うのですが、
胆石で胆嚢を摘出してしまったので、
ちょっと脂っこいものを食べたりすると、すぐにお腹を下します。
そんなわけで、整腸剤も追加。
これで、トイレに駆け込むことが減るといいのですが。

若い頃から元気で、病気知らずという方もいらっしゃるかもしれませんが、
わたしの場合、常にどこかに不調を持っているタイプです。

頭痛、胃痛、下痢とは、お友達状態(泣)。
父親も消化器系が弱かったので、体質が似たのかもしれません。

父に似たらがん、母に似たら認知症。
どちらも嫌ですが、認知症の方が痛くないから、いいかしらなんて思っています。


ゼロヒャク思考?

若い頃のわたしは、白黒はっきりつけないと納得できないタイプでした。
成功か失敗か、善人か悪人かなどなど、なんでも二極化して決めつけていました。

そういう考え方のせいで、学生時代、友情を壊してしまったこともあります。
恋愛絡みの友人の嘘が、どうしても許せなかったのです。

若さゆえの潔癖さからだったのかもしれませんが、
今から思うと、あそこまで怒ることはなかったかもしれないと思います。
友人は恋愛のために、自分を見失っていたのでしょう。

パニック障害になった時も、完治にこだわり、なかなか症状が改善しないことに悩みました。
どうして治らないんですか?と、よく主治医の先生を問い詰めていました。

先生は、「よくなっているのであまり焦らずに」とおっしゃいましたが、
わたしは早く断薬したくて、いつもヤキモキしていたように思います。
結果、勝手に断薬してしまい、かえって症状が悪化したこともありました。

どうも「ほどほど」とか、「この程度でいいや」とか、
そういう思考が持てないタイプなのかもしれません。

完璧を求め、それが達成できないなら、諦めてしまう。
白か黒、グレーゾーンがない。
そういう考え方を「ゼロヒャク思考」と言うらしいです。

ゼロヒャク思考とはちょっと違うかもしれませんが、
わたしは、極端から極端へ走ってしまう傾向もあります。

マキシマリスト的な気質で多くのものを集めていたのが、
突然ミニマリズムに目覚めて、すべてを処分してしまったりというところです。

ミニマリストで、よく元は汚部屋だったというかたがいらっしゃいますが、
極端から極端へと振り切れてしまう気持ち、わかる気がします。

ほどほどに片付いている部屋に住んでいる人は、ミニマリストになろうなんて
思わないのではないでしょうか。

わたしが、自分の考えグセに気づいたのは、母の介護の経験からです。
母の介護を完璧にこなしたい、いえ、完璧というよりは、
自分のできる限りを尽くしたいと思っていました。

今から思うと、単なる独りよがりだったように思います。
失敗したくない、人から後ろ指を指されたくない、そんな気持ちがあったのかも。
自分一人で、母のことすべてを抱え込んでいました。

長女だから、母に頼られるから、妹が協力してくれないから・・
自分で勝手に決めつけていたところがありました。

そして、思うようにいかないことで、怒ったり、悩んだり。
思い詰めた末に、メンタルがやられてしまいました。
もっと適当に、ほどほどにやれば良かったのにと思います。

完璧を目指そうとせず、そのままの「できない自分」を認めたら、もっと楽に生きられる。
ようやくそれに気がついたように思います。

長年染み付いた考えグセをなおすのは難しいですが、
大切な局面でいつも失敗してしまう自分に幻滅せず、
ゼロより1と思って、生きて行けたらいいなと思います。


おわりに

neroli_656.jpg
旧自宅の薔薇。クレア・オースチンという品種です。

今日は、夕方に30分フィットネスに行ってきました。
暑いから散歩がてらでいいやと思ったら、気楽な気持ちで行けました。

きちんとできないなら、やらない方がましと思ってしまう、
おかしなゼロヒャク思考のわたしでしたが、
できなくてもいいから、それなりにやってみようと思えるようになりました。
できない自分を認めたら、もっと生きるのが楽になるのかもしれません。

いい年して今さらなお話でしたが、最後までお読みいただき感謝です。
コメントや応援クリック、メッセージ、いつもありがとうございます。
更新の励みになっています。
それでは、また・・・。

どれかひとつ、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
ムンク
私も

ゼロヒャク思想の持主かもしれません。最近やっとどうでもいい事。。無理しなくてもいいこと。。
自分だけが満足でもそれでいい事・・あれこれ学ぶことがあり・・少しは落ち着いた気がします。
それでもまだまだなんですけれど・・

うちの近所ではアブラゼミ80、ミンミンゼミ18,ツクツクボウシ2位?の割合で散歩中も部屋の中でも
夏!!って感じです。先月実家に行ったときは90ヒグラシで10ミンミン?てな感じで驚きました。
ヒグラシが昼間からガンガン鳴いているのを初体験だったので・・

そうこうしながらあっと言う間に秋になるんでしょうね・・

そうそうあの方の誕生日の山の日には個人的にケーキでお祝いしました。
そろそろ風のうわさを聞きたいですね。

  • 2022/08/12 (Fri) 13:00
  • REPLY
ネロリ
ネロリ
ムンクさま

ムンクさま、連続コメントありがとうございます。

今日もツクツクボウシの声を聞きました。
わたしの住む近辺は、ヒグラシはまだのようです。
時間が早いのかな?
茨城にいた頃は、早朝ウォーキングの時によく鳴いていました。
懐かしいです。

ゼロヒャク思考を知った時、わたしのことかも・・と思いました。
自分の中の「こうであるべき」という理想があって、その通りにできないとわかると、
全部を投げ出してしまうところがあるのです。

理想を100とすれば、10でも50でも、0よりはずっとマシなのに、
変なプライドがあって許せないんですよね。
自分が大した人間じゃないと認めるのがイヤなのかも。

ようやく、そういう自分に気づいたので、
1でも10でも、0よりはいいじゃないかと考えるようにしています。

>そうそうあの方の誕生日の山の日には個人的にケーキでお祝いしました。
昨日は、お誕生日でしたものね。

「再会」の東京公演、お誕生日観劇をしたのですが、
ラストでぐんちゃんが大きなクッキーを持って登場したのを覚えています。
あの頃は1000days劇場でした。懐かしい・・・。

グレースヴィヴィアン母

はじめましてです🐶🐱
ゼロヒャク思考…よく、わかります。
さらに、気短ゆえ、結果もすぐ、欲しい、待てない…
この特性、年齢と共に、加速しているように感じます。

周りは大変だろうなぁと、わかっていますが…
こんな私で生きていくのかなと…感謝だけは忘れず‼️

また、読ませていただきますね🌺

  • 2022/08/15 (Mon) 09:48
  • REPLY
ネロリ
ネロリ
グレースヴィヴィアン母さま

グレースヴィヴィアン母さま、初めまして。
ゼロヒャク思考のお話に共感いただき、とてもうれしいです。

>さらに、気短ゆえ、結果もすぐ、欲しい、待てない…
わたしも同じです。
せっかちというか、短絡的というか。
わかっているのに、なかなか治せません(汗)。

わたしも面倒臭い人間だと思われているかもですが、
周りへの感謝を忘れずにいたいと思います。

コメントありがとうございます。
どうぞまた遊びにいらしてくださいね。