葬儀を終えて〜伯母の寂しさを感じた。そして母との面会が可能に

ネロリ

Uターン主婦のネロリです。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

今日は、少しだけ日差しが和らぎましたが、やはり蒸し暑い1日でした。
今週は台風が来るということで、お湿りを期待していますが、どうかしら。
降る時は豪雨、その後カンカン照りというような亜熱帯気候は、本当に勘弁してもらいたいです。

葬儀を終えて

「葬儀を終えて」は、アガサ・クリスティーの小説のタイトルのパクリです(笑)。
ちょっと使ってみたかった。

さて、今日、出かけようとしていたら、伯母から電話がありました。
ひとしきり、亡くなった伯父の思い出話。
やっぱり寂しいのかなあ。

養子になった従弟はいるけれど、男なのでそれほど親しい間柄ではなさそう。
お嫁さんには気を遣うらしく、親密に話せる相手は、義姪のわたしだけのようなのです。
伯父が亡くなったので、これからは今まで以上に、伯母の話し相手になろうと思います。

自分の親でもないのに・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
わたしは子どもの頃から、祖父母に「ネロリ家の内孫」と言われて育ってきたので、
実家は継がなかったものの、法事などで伯父や伯母の手伝いをしてきました。
父が生きていた頃は、父も次男として伯父の手助けをしていました。

従弟が養子になったのは、わたしや妹が結婚して家を出てからだったし、
その時、すでに従弟も社会人でした。
墓守のために養子になったという感じですね。

家を継ぐための養子は、昔はよくあったことでしょうけれど、少子化の今は、そういうことは少ないでしょうね。
少々複雑な実家の人間関係です。

アウェイな?伯母のお話は、こちら。

四十九日法要

伯母の用件は、四十九日法要の日取りと、塔婆のことでした。
妹たちにも連絡しますと言って、電話を切りました。

その後、わたしとジミ夫は出かけたのですが、
帰宅後、また伯母から電話がかかってきました。

朝とは打って変わって、少し沈んだ声。
四十九日法要は、伯母と養子になった従弟家族という内輪だけでやることになったけれど
できたらわたしとジミ夫に出席してほしいとのこと。

どうやら、コロナ感染者がまた増えてきたということで、
養子である従弟から、大人数の会食はやめた方がいいと言われたようです。

確かにそれも正論で、仕方のないことですが、
伯母ががっかりしているのを感じ、少しかわいそうに思いました。

コロナがなかなか治らなくて、この先、皆で集まったり、会食できる日が来るのでしょうか。
せめて、冠婚葬祭の行事くらいは、普通にできるようになってほしいです。

母のこと

明日は、母が入所している特養にジミ夫と面会に行ってきます。
7月1日にようやく面会が可能になり、10分だけですが会えるそうです。

とりあえず、伯父が亡くなったことを連絡しなければ、なりません。
母は、理解してくれるでしょうか。
その時はわかるかもしれませんが、すぐに忘れそうな気がします(汗)。

楽しみでもあり、ちょっと不安でもあります。
でも、やはり母の顔が見たいです。

コロナ感染者が増えていて、またいつ面会禁止になるかわかりませんので、
会えるうちに、たくさん母に会っておこうと思います。


neroli_595.jpg

おわりに

今日は、わたしの友人宅に、ジミ夫と一緒にお呼ばれしてきました。
友人夫妻とジミ夫は同学年なので、話も弾みます。
わたしはちょっと年下なので、茶々を入れる係(笑)。

ご主人もとても良い人で、茨城時代の知り合いで、ここまで仲良くできるのは、
彼女だけかなと思います。
これからも、甘えすぎず、いい距離感を保ちながらのお付き合いができたら、嬉しいです。

友人の話は、こちら。
コメントや応援クリック、メッセージ、いつもありがとうございます。
更新の励みになっています。
それでは、また・・・。

どれかひとつ、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
ムンク
葬儀

あれこれ大変ですよね。私は自分が仕切る?ような葬儀をまだ経験していないので、母の時とても
大変だろうな・・と少し憂鬱になります。
父の時も母の兄弟があれこれしてくれ、後は祖母と祖父・・これも参加しただけですし。
義父は主人の兄が。。一応その時のための本を買って読んだりはしましたけど、いざとなると不安だらけです。

お母様、面会できるようになって何よりです。とにかく会うのが大事ですからね。
夏の暑さのせいもあるのでしょうけれど、蕁麻疹が少々ひどくなりイライラすることが割とあります。
なんとか落ち着いて仕事して日々過ごさなければと思っています。

折に触れ退団した方を思い出し、映像を見ては涙の日もあり・・
せめて観劇報告やOGの方とのお茶のインスタなどがあったら安心するんですけれど。
今週は先週に比べたら過ごしやすそうですが、お身体お大事になさってくださいね。
私もジムにでも通おうかしら・・

  • 2022/07/05 (Tue) 14:49
  • REPLY
ネロリ
ネロリ
ムンクさま

ムンクさま、コメントありがとうございます。

蕁麻疹、なかなかよくならないのですね。
いいお薬や治療法があればいいのに・・・と思います。
痒みがあると、物事に集中できませんよね。
どうぞお大事になさってくださいね。

わたしも、父と義父母の葬儀を経験しましたが、まだ喪主はやったことがありません。
母やジミ夫が喪主をしたのを、サポートしたくらいです。
でも、たいていのことは、葬儀社の人が教えてくれますから大丈夫。

人に頼めないのは、喪主挨拶くらいでしたが、
母の喪主挨拶の文面は、マナー本を見ながらわたしが書きました(笑)。
今は、ネットで検索すると、例文がたくさん出てきます。

葬儀は突然のことなので、参列者も心の準備ができていないことも多いし、
万事そつなくやるよりも、慣れていないくらいの方が、かえっていいような気がします。

轟さんのお噂は、全然聞こえてきませんね。
コロナが治らない状況なので、国内にいらっしゃるとは思いますが、
劇場にお出ましになったというお話も聞きませんし、
わたしも、どうされているのかなと案じております。

まあ、それも轟さんらしいというか・・・。
本名に戻って、伸び伸びされているのかしら。

スカステやYouTubeで昔の映像を拝見すると、
懐かしくて懐かしくて、20年前に戻りたいと思ったりもします。

一時よりは少し過ごしやすくなりましたが、どうぞご自愛くださいね。